札幌ステラプレイス発 WEBマガジン

ステラ部

4.21
Sun
APR 2024
今月のSHOP RECOMMEND

今年はこれで行く!
夏フェスファッション

2023.07.03 Mon

 音楽好きのみなさん、注目!夏の音楽フェスにリアルに何を着て行くかを、夏フェス上級者のショップスタッフに聞きました!何度もイベントを経験している熟練のコーデの視点を参考にしてみてください。さらに、今回は各ショップのスタッフに、音楽フェスの思い出や気になるアーティストについても質問してみました。

Tシャツ ¥3,960 / シャツ ¥6,490 / パンツ ¥5,390
ハット ¥5,390 / スニーカー ¥15,950 / その他 本人私物
パンツはビビッドに遊ぶ!
 プリントTシャツとシャツのトップスに、ボトムスはビビッドなパープルカラーを。たくさんの人が集まる会場でも、目を引くこと間違いなし。ステージ間を歩くシチュエーションではスニーカーも重視。コロンビアのシューズは軽量性とクッション性が高いので、長時間歩いても疲れにくい、フェスにおすすめの一足です。

 仕事柄、夏フェスにはなかなかいけないものの、音楽のライブには月1〜2本足を運んでいるというスタッフの塩田さん。特に好きなのは、ASIAN KUNG-FU GENERATIONで道外のライブまで駆けつけるのだとか。ベンチレーション付きで通気性の良い紫外線ブロックのシャツは、道内外どちらでも活躍してくれそうです。
Tシャツ ¥5,280 / ショーツ 〈 Patagonia 〉 ¥8,250
ベスト 〈 NANGA × EKAL 〉 ¥24,200
ジャケット 〈 Abu Garcia×LAKE SEEKERS 〉 ¥38,500
パンツ 〈 Abu Garcia×LAKE SEEKERS 〉 ¥27,500
その他 本人私物
寒暖差対応はこれだ!
 昼間は暑く、夜は寒い北海道の夏フェス。ブラックで統一したTシャツとショートパンツにベストで昼間は楽しみつつ、夜はジャケットとパンツをプラスで完全防寒対策を。ポケットの多いベストはバッグ不要で手ぶらで楽しめるので、お財布もいらないかも!?

 10年以上も北海道の夏フェスに通い「風物詩」だと語る真山さん。目当てのアーティストがいようがいまいが、フェスに行くこと自体が目的なのだそう。友人と行っていた頃から今では家族で参加し、「子どものバギーを押してます(笑)」とはにかみながら語ってくれました。ポケットの多いジャケットやベストが役立っていそうです。
Tシャツ ¥13,200 / ショーツ ¥19,800 / バッグ ¥14,300
ソックス ¥4,400 / その他 本人私物
シンプルながら、こだわる。
 モノトーンで統一したコーデは、素材とシルエットにこだわりを。糸からオリジナルで制作された生地にピグメント加工で絶妙な色合いが特徴のビッグシルエットTシャツ。そして、ストレッチナイロンのショートパンツ。ぱっと見はシンプルなコーデですが、抜け感、こなれ感のある上級者コーデです。

 小学校4年生の時から親と一緒に夏フェスに通っていたという廣川さん。エリック・クラプトンやボブ・マーリーなど海外の音楽に囲まれていたそう。HIPHOPのフェスが好きでPOP YOURSやNAMIMONOGATARIなどに行っているんだとか。「フェスには好きなアーティストが揃ってるんですが、今年はCandeeっていう若手ラッパーに特に期待しています」と教えてくれました。
SHARE
  • twitter
  • facebook
  • LINE