札幌ステラプレイス発 WEBマガジン

ステラ部

7.25
Thu
JUL 2024
今月のSHOP RECOMMEND

冬の思い出は
ニットに宿る!

2023.12.01 Fri

 冬ファッションの醍醐味、ニットウェア。ニットならではのぬくもりは、スタイルに柔らかさをプラスしてくれます。今年は立体感のある素材やペプラム、カラーニットが特に注目。今回は、ショップスタッフのみなさんに、おすすめのニットの着こなしと、ニットにまつわる思い出のエピソードをお聞きしました。

ビショップ [ CENTER 3F ]
カーディガン 〈 MORRIS & SONS 〉 ¥19,800
スカート 〈 LE GLAZIK 〉 ¥23,100
バッグ〈 Brady 〉 ¥59,400
ハット 〈 KIJIMA TAKAYUKI 〉 ¥22,000
シューズ 〈 KLEMAN 〉¥26,950
その他 本人私物
気分を上げてくれる
赤の鮮やかカーディガン
 冬の寒さを吹き飛ばしてくれそうなレッドカラーのニットトップス。エレガントな雰囲気のレザー風ロングスカートと組み合わせて大人な着こなしに。スカートとハットはブラックで引き締めつつ、トップスの赤を主役に際立たせてくれます。「光沢のあるボタンが高級感を感じさせるシャギーニットはスカートやベレーと合わせると、今ビショップでも推しているブリティッシュスタイルに寄せられます」と教えてくれたスタッフの上田さん。
 ニットの思い出について伺うと「母が若い時に着ていたニットのトップスを受け継いだのですが、今着るとレトロで味が出て気に入ってます。思い出もあるのでお直しをしながら大切にしています」と語ってくれました。
レイジブルー [ CENTER 5F ]
セーター ¥5,940 / パンツ ¥7,920
バッグ ¥5,500 / シューズ ¥7,700
その他 本人私物
遊び心ある
グラフィカルなデザインニット
 ブルーのフラワーグラフィックが目を引くモヘアのクルーネックニットは、一枚で主役アイテムに。ボトムスをシンプルにしたり、腰に巻いてコーデのアクセントにするのもおすすめです。「柄のニットなんですけど一枚でおしゃれに見えるのがポイントです。柄物ですがパンツにも意外と合わせやすいです」とスタッフの宮本さん。
 「ニットが大好きで毎年新しいものを5〜6着購入しています。無地でも柄でも一枚で着れますし、インナーとしても使えるので秋冬はまずニットです(笑)」とニット愛について話してくれました。
エヴァム エヴァ [ CENTER 3F ]
プルオーバー ¥23,100 / ショートローブ ¥34,100
パンツ ¥30,800
ストール ¥30,800 / スニーカー ¥16,500
ニットの素材違いを楽しむ
 異素材のニットで遊ぶ、上品コーデ。白で統一しながら様々なディテールの違いが見える、洗練されたニットスタイルです。畦編みで編まれたローブがポイント。「カシミヤのストールやウールとブルーフォックスをブレンドしたニットローブ、ウール100%のトップス、圧縮ウールのパンツなど色味は同じですが違った見え方になり、ゆったりとした気分になるコーディネートです」。
 スタッフの北本さんは「小さい頃、編み物の資格を持っている祖母にニットを編んでもらっていました。自分で色や柄を決めるというのがすごく楽しかったです」とエピソードを教えてくれました。
SHARE
  • twitter
  • facebook
  • LINE