札幌ステラプレイス発 WEBマガジン

ステラ部

3.3
Sun
MAR 2024
PLAY NEW STYLE!

シルエットが決め手!
大人のワントーンコーデ

2023.12.15 Fri

 ワントーンコーデをつくる時、シルエットをほんの少し意識するだけで格段にスタイルアップが叶います。洋服は1mmのパターンの違いでシェイプに変化が。ビッグメゾンのファッションショーでも、シルエットやデザインを強調するためにカラーを一色に抑えたコレクションを発表しているほどワントーンコーデにシルエットは重要な要素なのです。上級者見えする着こなしを、自分のものにするために。今回は各ショップのおすすめコーデとスタイリングのポイントをご紹介します。

コート ¥13,200 / ワンピース ¥8,800
タートルネック ¥6,050
ブーツ 〈 VELETTO別注 〉 ¥19,800
アーバンリサーチドアーズ [ EAST 3F ]
タータンチェックが
ワントーンのアクセントに
 女性らしく品のあるグレーのロングニットワンピースに、タータンチェックのコートを合わせた大人クラシックなコーデ。ニットワンピースは、タイトすぎずボディのラインを美しく見せてくれる着やすさ。インナーとしてタートルネックを合わせたシンプルでプレーンなコーデに、チェックのタータンがトラッドな雰囲気をプラス。足元はブラックのロングブーツで全体のカラーバランスを引き締めて。
コートのアクセントになっている水牛風のボタン。存在感のあるロングブーツはスペインのシューズブランド 〈 VELETTO 〉の別注です。
 白と黒の中間色であるグレーは、中世までは貧しさの象徴のようなネガティブなイメージがありましたが、ルネッサンスやバロック期になると貴族たちの間で流行し、ドレスや男性のコートに採用されるようになります。19世紀になると、仕立て屋が多くあったロンドンでグレーのビジネススーツが登場。時を経て、90年代にはフレンチカジュアルの流行でグレーが再び脚光を浴びました。今年は秋冬のトレンドカラーとしてグレーが発表され、この冬はますます目にすることが多くなりそうです。
ダウンブルゾン 〈 NANGA 〉 ¥39,600 / シャツ ¥9,350
パンツ ¥9,900
ニットキャップ ¥4,950 / シューズ 〈 Clarks 〉 ¥33,000
アーバンリサーチドアーズ [ EAST 3F ]
きれいめ大人カジュアルを叶える
ベージュ
 人気の高いアースカラーのベージュは、カジュアルなアイテムを品良く見せてくれます。ベージュのダウンやチノパンを、ブラウンのシャツで引き締めるのがポイント。さらに、ノーカラーのコーデュロイシャツを取り入れることで、カジュアルなスタイルをグッと大人なコーデに。キャップやニット帽で少しストリートな要素を入れてもキマります。
起毛素材を内蔵したハンドウォーマーのビックサイズなポケットはデザインもGOOD。〈 Clarks 〉のアイコン「ワラビー」のゴアテックス®仕様シューズは全天候対応です。
 今季も継続で人気の高いトレンドカラーのベージュ。元々は染める前の羊の毛のことを指すフランス語だったのだとか。日本語では「肌色」と呼ばれてきましたが、近年は人種や個人などで肌の色は異なることから控えられつつあり、色鉛筆やクレヨンは「ベージュ」と表記されるように。色は時代をも象徴しているのです。
ダウン ¥60,500 / ブラウス ¥28,600
オールインワン ¥30,800
ブーツ ¥28,600 /バッグ ¥19,800 /ネックレス ¥7,700
カリテ スケープ [ CENTER 2F ]
ボリュームにメリハリをつけた
スタイルアップなグレーコーデ
 襟元にボリュームを持たせたフォルム感のあるダウンに、ゆったりとしたノースリーブのオールインワンを合わせたコーデ。ポインテッドトゥのシューズで足元を引き締めることで全体のバランスにメリハリが生まれます。グレーのダウンをメインに、グレージュカラーのショルダーバッグとブーツでグラデーションをつくる色使いがこなれた印象に。シルバーの小ぶりなネックレスが首周りをさらに美しく見せてくれます。
襟ぐりと袖のフリルが特徴のブラウスはアウターを脱ぐとまた違う印象に。滑り止めがついたブーツは柔らかくふかふかの履き心地。
 グレーとベージュの中間の色、グレージュ。「モードの帝王」と呼ばれるジョルジオ・アルマーニは、グレージュを生み出したことから「グレージュの帝王」の異名までつきました。アルマーニが生んだ色は知的で上品な印象にしてくれるハイファッションなカラーなのです。ファッションだけでなくインテリアでも、どのテイストにもマッチして上質な空間を作ってくれることから人気が高い色に。ファッションやインテリアにグレージュを取り入れてみてはいかがでしょうか。
コート ¥55,000 / ニットトップス ¥18,920
パンツ ¥19,910
ブーツ 〈 alfredoBANNISTER 〉 ¥41,800
その他 スタイリスト私物
アバハウス [ EAST 4F ]
ネイビーは素材違いの
ウールで知的に
 取り入れやすいネイビーをニットとチェスターコートで合わせた、プレッピーな雰囲気のあるコーデ。ざっくりとしたニットとミドル丈のウールコートはオールドなイメージになりがちですが、ネイビーカラーで統一してストライプパンツで外せば、遊びのある着こなしに。コートはジャストサイズより少しオーバーめに着ると、より今風な印象に。
落ち着いたカラーの大人ストライプなパンツは履き心地も柔らかく、冬は手放せなくなりそうです。つま先部分がシルバーになったブーツはコーデの主役級アクセントに。
 19世紀のイギリス海軍が取り入れた服は「ロイヤルネイビー」と呼ばれ、その色は勝利の色として愛されてきました。欧米や日本でも学校の制服に採用されるなど「正統」な印象を与えるネイビー。今季はより色の濃い「ミッドナイトブルー」がトレンドカラーとして発表されています。コレクションでも正統派なコートやジャケットに採用されることが多く、時代を超えて愛される色なのです。
SHARE
  • twitter
  • facebook
  • LINE
こちらもCHECK!